fc2ブログ
診察室最長拘束記録
2021年10月16日 (土) | 編集 |
昨日、仕事帰りに近くの病院で
お薬だけを貰いに行ってきました。

最初はいい感じだったんですよね・・・

看護師さんが話を聞いてくれて

「薬だけ出すのはいいんだけど
 この薬がうちにあるかどうか
 なのよね・・・」

「その薬はいらないです。
 この睡眠導入剤だけでいいので」

「あ、そうなのね」

と、すぐに院内にある調剤窓口で
薬剤師さんに確認してくれて

「あるんだけど、製薬会社が
違うんだけど、それでもいいかしら?」

「全然、大丈夫です!」

と、思った以上に話がスムーズに
進んでおりました。

それを先生に伝えに、看護師さんが
診察室の中へ行ったのですが

別の看護師さんがやって来て

「まんぞうさん(私)
 ちょっとこっち来て休んでて」

『え、ここでいいですけど・・・』
(心の声)

と、荷物を奪われ処置室に
拉致促されたまんぞう

「ちょっと血圧測りますね」

『え?血圧?!』
(嫌な予感しかしないまんぞう)
この時点で血圧10は上がっただろう

血圧を確認して、脈を取ってた
看護師さんが

「え?!」
とお馴染みのリアクション

見た目低血圧っぽいですしね
ギャップも驚きの幅を上げるんでしょう

「血圧もだけど、何でこんなに
 脈が速いの?!」

「あの、寝不足なので動悸とかも
 酷くなるんですよ」(ᵔᗜᵔ;)アハハ
そんなに寝不足ではないはずなんだけど
仕事終わりだからかしら(汗)


そこから、診察室直行便に乗りまして

病歴、症状、仕事のこと
こういう検査は受けたかとか

付き合っていくしかない
メニエール病についての説明も
熟知してるつもりですが
延々と聞かされて

メニエール病と上手に付き合っていこう☆ 病気ブログ・テーマ
メニエール病と上手に付き合っていこう☆

この薬を飲んで、どうだったかとか
買い物はどうしてるんだとか

まぁ、かれこれ30分ほど続いた頃

カーテン越しに看護師さんが
「もうちょっと待ってくださいね」
と恐らく次に待つ患者さんとの
話声に、気がそれた私に

「あ、長いことすいませんね
 時間大丈夫ですか?」
と先生

「あ、はい大丈夫ですけど・・・」

『私は大丈夫だけど、他の人が
 大丈夫じゃないと思うよ?』

そこからさらに20分程
質疑応答が続きましたでしょうか

話の途中で何度か先生が
「脳じゃないのかなぁ」と
つぶやくのが気になって
次第に怖くなって来たまんぞう

最終的に睡眠薬は出して
貰ったのですが

「吐き気止めも出すから
 それ飲んで、頑張ってバスに
 乗って、札幌市内の病院に
 行って、うちの病院でこう言われ
 ましたって言って、脳の検査を
 受けてきてください」

と言われたんですけど・・・

トンネル入ったり(MRI)
輪切りにされたり(CT)
するだけで、病気になった
気持ちになるしさ・・・
まぁ、病気なんだけど

行きたくないし、行くつもりも
ないんだけど

行かなかったら、薬をまた貰いに
行くハードルが高くなるだろうと
どんよりした気持ちになった
まんぞうなのでした。


ランキングに参加しています。
応援クリック励みになります。 ( *・ω・)*_ _))

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ



PR Xserver Business




☆ちょびリッチ
サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
昨年は10400円の換金に成功!
無料会員登録ですぐに500ポイント
(250円分)をゲット!
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:日々のできごと
ジャンル:ライフ